【訪販商材〈住宅向け訪販商材〉】日榮新化〈消臭・抗菌、抗ウイルスの壁紙「ハルシックイ」〉/抗ウイルス効果で問い合わせ急増

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

壁紙だけでなく、手すりにも応用できる

 粘着フィルムやコーティングフィルムの開発・製造販売を行う日榮新化(本社大阪府、清水寛三社長、(電)06―6732―1150)は、17年から消臭・抗菌、抗ウイルスの効果を持つ、消石灰の漆喰を使用した壁紙(クロス)「ハルシックイ」を販売している。
 特徴は、消石灰で作られた漆喰によって、「消臭」「抗菌」「抗ウイルス」「結露抑制」「VOC(揮発性有機化合物)吸着除去」などの効果を発揮すること。効果検証したデータは、同社のサイト上で公開している。新型コロナウイルスの影響もあり、問い合わせは増えているという。
 ハルシックイは、住宅用のクロス商材。クロスを貼る際、裏面が粘着シートのため、貼るだけの作業であれば、素人でも可能にできるという。新築や既存住宅の両方で使用でき、既存住宅では、すでに貼ってあるクロスの上から、重ねて貼ることができる。従来はクロスを貼る際、クロスの裏面に糊を塗布し、湾曲している形を戻すなどの事前の下処理が必要だった。「ハルシックイ」は、これらの作業工程を不要にし、リフォーム事業者などが取り付ける場合も、時間をかけずに作業ができる。
 同社は、粘着フィルムシートの製造・開発に強みを持つほか、インクジェット技術にも定評がある。インクジェットの技術を使ったクロスの試作も可能で、クロスの色や表面のデザインも変えることができるという。現在、デザイン性の高いクロスを数種類用意し、機能性だけでなく、デザインの高さも販売時に訴求することができる。さらには、「販売店が顧客に提案した際、デザインに関する要望があった場合は、デザインの変更や粘着力の強弱の調整にも対応が可能だ」(同社)と話す。同社は、メーカーでもあるが、直接取引が可能で、販売も小ロットから購入することができるという。

既存の壁紙でも、重ねて「ハルシックイ」が貼れる(写真中央の柄の壁紙が「ハルシックイ」)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ