〈コールセンター業界〉 働き方改革が急務/関連法に対応、在宅勤務実現へ

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

プロジェクトについて説明する柘植社長

 コールセンター業界で働き方改革への対応が急務となっている。従来からの人材不足といった背景に加え、4月から始まる同一労働・同一賃金などを含めた働き方関連法に対応するためだ。コールセンター大手のベルシステム24ホールディングス(HD)は19年12月、「コールセンター・ワークスタイル・イノベーション・プロジェクト」を発表した。働き方改革の一環として、在宅勤務でできる業務の幅を広げるためだ。同じく大手のトランスコスモスは、在宅勤務の実現に向けた実証実験に着手している。コールセンター各社にとって働き方改革への取り組みは、新拠点設置エリアの見直しや、人材配置の工夫といったことにも影響を及ぼしている。

(続きは、「日本流通産業新聞」1月16日号で)

3Dで商品画像を表示し、操作しながらオペレーターが対応できる

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ