ファンケル/代表取締役に山口氏/池森氏は名誉相談役に就任

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

山口 友近氏

 ファンケルは12月11日、山口友近取締役専務執行役員が代表取締役に就任すると発表した。就任日は20年1月1日付。創業者である池森賢二代表取締役会長執行役員ファウンダーは、同日付で名誉相談役ファウンダーに就任する。キリンホールディングス(キリンHD)との資本業務提携締結など将来の成長基盤の確立と、キリンHDとの連携にも一定のめどがついたことから新たな経営体制を敷く。
 池森氏の義弟である宮島和美取締役副会長執行役員も、同日付で相談役に就任。池森氏の実弟で、ファンケル美健の池森行夫取締役副会長は12月31日付で退任する。
 ファンケルは13年、池森賢二氏が経営に復帰。構造改革の実施や広告先行成長戦略により業績はV字回復した。その後、島田和幸代表取締役社長執行役員CEOのもと、19年3月期は過去最高益を更新するなど成果を上げている。
 池森氏とその親族が持つファンケルの株式を9月、キリンHDに譲渡。両社のシナジー創出に向け、協業体制も強化している。
 こうした経緯から1月以降、新たな経営体制を敷くこととし、12月31日付で池森氏と宮島氏はファンケルの取締役から退任。1月から山口氏が代表取締役に就任する。
     ◇
 山口 友近(やまぐち・ともちか)氏
 03年10月ファンケル入社。05年3月執行役員通信販売営業本部本部長兼インターネット推進部部長、08年1月アテニア取締役、13年3月ファンケル執行役員店舗チャネル合同チームチームリーダー、14年6月取締役執行役員店舗チャネル合同チームチームリーダー、16年6月取締役常務執行役員店舗・流通担当兼店舗営業本部本部長、17年6月、取締役専務執行役員店舗・流通担当兼店舗販売企画部部長、18年4月取締役専務執行役員店舗・流通担当兼店舗営業本部本部長。58年3月大阪府出身。61歳。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ