トランスコスモス/主力カタログを刷新/品ぞろえ拡充、品質も強化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

11月発行号からリニューアルを行った主力カタログ「夢運便」

 トランスコスモスが通販事業のてこ入れを図っている。通販事業のブランド「日本直販」は11月、主力カタログをリニューアルした。ページ数を100ページに増やしたほか、掲載商品の品ぞろえも拡充した。取扱商品の品質強化にも取り組んでいる。通販事業の総合的な見直しを図ることで、業容拡大につなげていきたい考えだ。
 主力カタログ「夢運便(ゆめはこびん)」の刷新は18年から強化している。刷新以前のカタログはテキストによる商品情報が多く、見やすさの部分で課題があった。表紙から商品を紹介しており、顧客からは「どちらが表紙でどちらが裏表紙なのか分からない」という声が寄せられていた。
 刷新後の表紙は、商品の使用シーンを想起できる内容に変更。「夢運便」のロゴも大きく表示し、表紙としての体裁を打ち出している。
 「『日本直販』はマスと呼ばれるメディア媒体を持っており、そこからカタログに転換、購入という流れになる。マス媒体は現在、クリエーティブを見直すタイミングに入っている」(遠藤俊理事・日本直販事業責任者)と説明する。

(続きは、「日本流通産業新聞」11月28日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ