〈米テスラ社〉 99万円蓄電池が日本上陸/価格破壊始まりか、普及に疑問視も

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

蓄電池本体(写真左)とバックアップゲートウェイ

 20年の春、太陽光発電の蓄電池販売に価格破壊の波が押し寄せそうだ。10月15日、テスラモーターズジャパン(以下テスラ、本社東京都)が税別価格99万円の家庭用蓄電池「Powerwall(パワーウォール)」の販売を日本で行っていくと正式に発表。価格の安さだけでなく、13.5キロワットの大容量タイプで、4人家族1日分の住宅の電力を賄える高い能力を持つ。テスラの販売手法はネット販売のみ。商社や代理店などを経由しない手法で、従来の日本の商流を「度外視」しているとして太陽光発電の販売店やメーカーからは販売開始を前に疑問の声が出ている。テスラの性能や販売店などの声も踏まえ紹介していく。

■供給は全負荷型

 テスラが販売する家庭用蓄電池「パワーウォール」は全負荷型と呼ばれるもので、事前に決めた電気の回路にだけ供給する特定負荷型の蓄電池とは異なる。停電時は、家全体に電力を供給することができるタイプの蓄電池で、家電製品やエアコンなどの高い出力の電力を必要とする200Vにも対応している。電池はリチウムイオン電池を採用している。
 操作は、テスラが提供しているテスラアプリで行える。アプリ画面には、「蓄電池への充電量」「自宅で使用している電気の使用状況」などがリアルタイムで確認できる。太陽光パネルから蓄電池へ貯めた電力を「貯める」「使う」などの切り替えもアプリで行える。また、停電の恐れがある異常気象を事前に察知し、携帯へ通知する「ストームウォッチ」という暴風警告モード機能も新しく追加している。同モードは、日本でも使用可能だ。新機能リリース後、すでに展開している各国で高い評価をもらっているという。
 テスラの蓄電池には、バックアップゲートウェイという小型の機器が蓄電池とセットで必要となる。同機器は、電力の供給や充電などの動作確認を感知してくれる。万が一、動作不良が発生した場合は自動で感知・修復する。バックアップゲートウェイは、テスラが管理している通信システムが連結しており、テスラ側で、遠隔操作も行える。デジタル技術を駆使し、極力、エラーやトラブルが発生しないようにしている。


■すでに成約も

 10月18日にテスラの認定施工会社に認定された日本住宅サービス(本社広島県、有吉彰英社長)では、パワーウォールの問い合わせがすでに寄せられ、数件成約したという。

(続きは、「日本流通産業新聞」11月14日号で)

テスラの家庭用蓄電池「パワーウォール」の操作は、テスラが提供しているテスラアプリで行える

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ