スマイルケアジャパン/育児経験を商品化/「神アイテム」に認定

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

背中の丸み(Cカーブ9をキープ

 育児用品の製造・販売を行うスマイルケアジャパン(本社兵庫県、大杉千里社長、(電)0794―62―5788)が販売する、赤ちゃんの寝かしつけに役立つ授乳ベッド「おやすみたまご」がこのほど、リクルートが運営する、妊娠・出産・育児の情報サイト「ゼクシィBaby」で、「神アイテム」認定を受けた。
 同商品は、胎児がお腹の中で育ったときの背骨の丸みである「Cカーブ」をキープできるように開発された。赤ちゃんがより寝やすいのだという。11年3月の発売以来、現在までに累計で2万5000個を販売したという。
 大杉社長が自ら経験した、育児の際の悩みをもとに商品化した。「抱っこしている時に寝つきがよくても、ベッドや布団に移すとすぐに起きて泣いてしまう。ここから商品開発を始めた。10年前の私の悩みは、今の育児で悩む母親も同じく抱えている」(大杉社長)と話す。
 「おやすみたまご」という名称は商標登録も行っている。ベッドを覆う生地についてもこだわっており、伸縮するものと、しないものを組み合わせている。ベッドの中身のクッションとなる発泡ビーズを少なくし、赤ちゃんをより丸く包み込むように設計しているという。
 利用者からは、「赤ちゃんがよく眠れるようになった」「睡眠時間が伸びた」といった声が多く寄せられているという。価格は税別1万800円。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ