シーボン/脳科学ベンチャーと契約/エステの施術技術の効果を可視化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

フェイシャルエステを脳科学の観点から数値化して施術の評価を高めていく

 化粧品のサロン販売のシーボンは5月24日、脳科学の産業応用を目標としているNeU(ニュー、本社東京都、長谷川清社長)とアドバイザリーサービス契約を締結した。シーボンが提供するフェイシャルエステの施術を、脳科学の観点から数値化し、施術の評価を高めていく。新しい、施術や商品の開発に生かすのが狙いだという。
 NeUは東北大学と日立ハイテクノロジー(本社東京都)のジョイントベンチャー。両社の脳科学の知見と技術を基に、産業応用を目指したソリューションを開発している。
 契約の締結によって今後、シーボンが提供する東洋式美顔マッサージの施術を、NeUが数値化・可視化していくという。「シーボンのフェイシャルマッサージでなぜ体がすっきりするのか」について、脳科学の観点から分析し、シーボンの施術の価値を評価していく予定だという。
 将来的に、NeUが数値化したデータを生かした、新しい商品・施術の開発も検討していくという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ