ケンミン食品/市内の衣料品メーカーとコラボ/20~30代新規顧客獲得狙う

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「ケンミンB4キャンペーン2019」

 ビーフンなど食品の販売を実店舗と卸売り、ECで手掛けるケンミン食品(本社兵庫県、高村一成社長)は4月1日、ストレッチパンツの製造・販売を行うバリュープランニング(本社兵庫県)とのコラボキャンペーンを開始した。応募した顧客の中から抽選で500人にバリュープランニングのブランド「B―Three(ビースリー)」が取り扱う「美脚ストレッチパンツ」の引換券が当たる。神戸市の事業者同士でコラボし、両社の発展を図るのが狙い。ケンミン食品としては「キャンペーンを機に20~30代の新規顧客獲得を狙う」としている。
 「ケンミンB4キャンペーン2019」は、4月1日~9月30日まで約半年間実施する。キャンペーンの対象商品はケンミン食品の全商品。顧客は商品のバーコードを3枚集めて応募する。
 ケンミン食品もビースリーも、顧客は中高年が多い。ケンミン食品では、「キャンペーンが20~30代の顧客への認知拡大の機会になれば」(マーケティング部)と話している。ビースリーも同様の考えだという。
 「美脚ストレッチパンツ」は、19年で販売20周年を迎えるビースリーの人気商品。ストレッチ素材で着心地がよく、ファンも多いという。ケンミン食品では、キャンペーンのコンセプトを「ビーフン&魔法のパンツで、すこやかに美しく!」としている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ