【宣伝講習販売「ニュースの深層」】 〈あいプラザ社員ら、不起訴処分に〉/特商法違反、詐欺罪立件されず

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 九州を中心に講習販売を行う、あいプラザ(本社福岡県、荒木徳博社長)の幹部社員と、販売会場にメーカーから派遣されていた講師が、山口県警に特定商取引法違反や詐欺の容疑で逮捕された刑事事件で、山口地方検察庁下関支部は3月4日までに全員を不起訴処分にした。
 あいプラザは、一定の購入実績がある既存顧客のみに販売しており、新規で3~4カ月間オープンする店舗の顧客に比べて、消費者トラブルは起きにくい。そうした事情もあって、逮捕容疑にあげられた販売目的の隠匿や詐欺などで立件されるのか注目されていた。

(続きは、「日本流通産業新聞」3月14日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ