ゼンノアジャパン/新製品2品目を発表/カンファレンスに会員700人参集

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

アフィリエイト約700人が参集したカンファレンス会場

 ノニジュースや生酵素などをネットワークビジネス(NB)で展開するゼンノアジャパン(本社東京都、土門大幸社長)は1月26日、「ゼンノアジャパン カンファレンス2019」を都内で開催した。「ZENSHIN(ゼンシン)」をテーマに掲げたイベントには、米国本社から役員が参加。アフィリエイト(会員)約700人が参集した。
 新製品として、ノニジュース「NUKUHIVA(ヌクヒバ)善」のミニボトル(50ミリリットル入り)と「ZEN生酵素販促キット」を発売することを発表した。いずれもツールとして使用してもらいたい考えだ。
 また、米国で好評だというエナジードリンク「GO TIME(ゴー・タイム)」と夜のリラックス用の「Beauty Rest(ビューティー・レスト)」の2品目を4月から個人輸入での展開で開始するほか、スキンケア製品を発売する計画も明らかにした。4月から送料も値引きする。
 セールスプロモーションとしては、オートシップ登録で「ZEN生酵素」1箱をプレゼントするサクセス登録プロモーションと、新規登録後3カ月以内にWave1とWave2のタイトルを達成すると、初回のみウェーブボーナスが2倍になるダブルウェーブ・プロモーションを発表した。従来からの未達成者も対象にした(1〜3月末までの3カ月間実施)。
 そして2月から4月にかけては、Zen6以上のリーダーが、新規の登録対象のオープンセミナーを開催する場合、参加者全員に「NUKUHIVA善」のミニボトルと「ZEN生酵素」をそれぞれ1本ずつ提供するサンプル・プロモーションを開始する。19年の1年間に、新規アフィリエイト12人を登録か、スポンサーのグループボリュームが1800ポイント増加するといった条件によって、カンファレンスでの表彰などの特典を得られる「ZENNOAフルマラソン」も継続実施することも明らかにした。18年度の達成者は21人で、合計322人が新規登録した。会場では達成者を表彰し祝した。
 カスタマーサポートとして、アプラスの自動口座振替サービスを開始する。毎月10日までの申請で、申込翌月から振替を開始できるように迅速化した。
 カンファレンスでは、土門社長がゼンノアのミッション、ビジョン、バリューを新たに表明。ミッションは、「スーパーフードでより善い世界を創る」というジョン・ワズワースCEOのビジョンの実現と、人々の人生に真の調和と平和、自由をもたらし、社会の進捗発展に貢献する。
 そしてビジョンは、ゼンノアは、スーパーフードの恵みによって人々が愛、平和、調和、自由、成長、喜びを感じられる世界を創ります。─を実現すると強調。ビジョンにある六つの言葉をバリューとして大切にして、今年1年間皆さんと前進していくと宣言した。

カンファレンスでは日本の土門社長(写真左)がゼンノアのミッション、ビジョン、バリューを新たに表明した。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ