ロイヤル化粧品 〈新リーダーを7年ぶりに任命〉/18年総決算の月例会議に500人参集

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

18年最後の総決算となる月例会議。全国から約500人のメンバーが参加した。

 ロイヤル化粧品(本社東京都、桃園忠会長)は18年12月2日、18年最後の総決算となる月例会議をホテルニューオータニ東京で開催、全国から約500人のメンバーが参加した。今回の月例会議では、トップリーダーの位置づけとなる「CDD」が7年ぶりに誕生、しかも4人が一挙に任命されたため会場は大きな喜びにあふれた。
 会議の中で桃園会長は、「今年満足のいく1年だった人、あるいはそうでなかった人もあと1カ月ある。今からでも決して遅くはない。前向きに突っ走って最高の1年だったと思える年にしてほしい。ロイヤルの12月はそれがかなう月。私もできる限りの協力をさせていただきたい」とメンバーを激励した。
 昇格発表では7年ぶりとなるニューリーダーが誕生した。今回4人が任命された「CDD」は、優秀な販売成績を収めたリーダーで、かつ同社の人事委員会で承認された人のみが任命されるポジション。同社の最高峰ランクであるディビジョンディレクター候補でもあるという。また、AD、CADとしてそれぞれ2人が昇格したことを発表すると、支え合ってきた仲間たちと喜びを分かち合い、ともに涙する場面も見られた。
 そして桃園会長から、1年の感謝の気持ちを込めて、金箔と濃密な美容成分を配合したロイヤル最高峰のクリーム「SSクリーム」をプレゼントすることを発表。19年6月には米国・ハワイで「ハワイ大会」を開催することも併せて報告されると、場内は割れんばかりの拍手が鳴り響いた。
 月例会議の後は、恒例のクリスマスパーティーを開催した。今年のステージには、歌手の天童よしみが登場。パワフルな歌声に圧倒されるとともに、サックスやバイオリンなどを織り交ぜたバンド演奏にも酔いしれた。歌の合間には、天童よしみがマイクを持って場内を巡り参加者にインタビュー。ユーモラスな語り口で場内は爆笑に包まれ、大きな盛り上がりを見せた。

桃園会長はメンバーを激励。「ハワイ大会」を開催などを発表した。

恒例のクリスマスパーティーでは、歌手の天童よしみが登場

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ