シュガーレディ本社/香港に初の実店舗/海外進出1号店オープン

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「テイスティングテーブル・ジャパンプレミアム香港店」店内の様子

 シュガーレディ本社は9月19日、香港で初となる実店舗「TASTINGTABLE Japan Premium(テイスティングテーブル・ジャパンプレミアム)香港店」をオープンした。
 立地は、香港島北部にある商業・ビジネスの中心地であるコーズウェイベイで、ビルの2階に位置する。
 店内は左側にレジカウンターを設置、右側には調味料など常温品(約50品目)の陳列棚と、縦型の冷凍ケースに冷凍品を中心に180品目をそろえている。調理ができるキッチンも設置し、料理教室や無料試食会ができるようにした。
 まずは、現地に住む日本人を対象に試食会を通じて製品を広げていき、今後は、日本と同じようにレストラン機能も持てるように検討する。すでに3〜5万円のおせちの販売の売れ行きが好調で、佐藤社長は「手応えを感じている」と話している。
 国内では15年に東京・二子玉川に「シュガーレディ・テイスティングテーブル」を開設。販売員が開催している無料試食会が体験できるほか、商品の購入ができるなど充実させている。

「テイスティングテーブル・ジャパンプレミアム香港店」外観

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ