HARIO/好みの濃さに抽出/ティーバッグ用のポット

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ふたにティーバッグをつるせる「ティーハット」

 耐熱ガラスメーカーのHARIO(ハリオ、本社東京都、柴田匡保代表、(電)0120—398—207)は6月、ティーバッグ用のポットを発売した。ポットのふたに切り込みを入れ、好みのタイミングでティーバッグが引き上げられるようにした。好みの濃さに茶葉を抽出した後、ふたにティーバックをつるすことができる。
 発売したのは「ティーハット」。ふたの部分はシリコーン素材で、シルクハットのような形状となっている。ふたの切り込みにティーバッグの糸を引っ掛け、固定できる。ふたにはくし目が付いており、リーフティーとしても使用できる。
 サイズは幅96ミリ、奥行き127ミリ、高さ131ミリ。容量は300ミリリットル。ふたの色はオフホワイト、オリーブグリーン、レッドの3色。価格は1500円(税抜)。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ