ダスキン 〈家事代行で「厚生労働大臣賞」受賞〉

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

山村輝治社長(写真左)

 ダスキンの家事代行サービス「メリーメイド事業」が、公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会主催の「第2回日本サービス大賞」で「厚生労働大臣賞」を受賞した。
 メリーメイド事業の家事代行サービスは(1)全国の拠点でサービスの質が保持されている(2)お客様にサービスを届ける構造やプロセスが優れている(3)お客様との信頼関係を構築できている(4)高い顧客ロイヤルティが獲得できている─など、家事負担の軽減や家事代行サービス市場の拡大に貢献している点が評価された。
 ダスキンでは「受賞により、家事代行サービスが、お客様にとって、より一層安心してご利用いただけるようになると考えている」とコメントしている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ