スカイネットインターナショナル/「ボディメイクアーティスト」を開催/会員ら約800人が参集

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「ボディメイクアーティスト」会場の様子

 ピュア・クリスタル、エムブランなどネットワークビジネス(NB)や、美容関連商材卸のピュアルネッサンスを傘下に持つ、スカイネットインターナショナル(本社福島県、新川紗敏会長)は6月24日、美容コンテスト「ボディメイクアーティスト2018」を開催、会員ら約800人が参加した。
 冒頭のあいさつで新川代表は「このコンテストはリンパ技術の伝承とスキルの向上を目的に始めたもので今年で14回目を迎えた。レベルの高い選考になることが予想されるが、皆さまに声援をお願いしたい」と話した。
 イベントでは、グループの日本リンパ美容学院の紹介、今秋発売予定の幹細胞培養液に含まれる「サイトカイン」と、高濃度のビタミンC誘導体、特許申請中の皮膚常在菌育成成分を組み合わせた新製品について発表した。
 総合グランプリには、吉持名津美さんとモデルの加倉真美さんが選ばれた。2人にはそれぞれ賞金30万円と海外旅行を、施術者にはエスティーマットカバー(242万円相当)が贈られた。

あいさつする新川紗敏会長

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ