ヨシケイ開発/静岡県内にカット工場/カット野菜の新商品を投入

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

新メニュー「カットミール」

 ヨシケイ開発(本社静岡県、林雅広社長)は4月16日、需要が伸びているカット野菜を安定供給するため、カット野菜専用工場「プライム野菜工房」を稼働した。新工場の開設に合わせて、新メニュー「CutMeal(カットミール)」を5月7日から試験的に販売する。
 新工場は、ヨシケイ開発本社が直営で運営するフランチャイズ(FC)であるヨシケイ東部(本社静岡県)の隣接地に開設。「プライム野菜工房」のプライムには最良という意味があり、提供するカット野菜が最良の品質でありたいとの志と、日本一の富士山にちなんで名称を決めた。
 野菜をカットした状態で届けることで包丁を使う回数を極力減らした「カットミール」の全国展開を目指す。

新工場の外観

保育所併設ワーキングスペース「コトフィス」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ