フォーエバーリビングプロダクツジャパン/35周年記念イベント華やかに/横浜アリーナに5000人が参加

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

35周年を記念したイベント「FoRevolution in 横浜」のようす

 1983年に「アロエベラジュース」を販売開始してから35周年を迎えたフォーエバーリビングプロダクツジャパン(本社東京都、グレッグ・マーン代表取締役)は3月14日、35周年を記念したイベント「FoRevolution in 横浜」を横浜アリーナで開催、全国からFBO(フォーエバービジネスオーナー、会員)約5000人が参集した。限定製品「フォーエバー ダブル ジェル マスク」の発売と、タイトルの獲得ルールの一部変更を発表した。


■35周年限定の新製品を発売

 イベント冒頭、日本の創業者の1人であるジーン H 山形副会長兼COOがスピーチ。
 山形副会長は「日本にアロエのビジネスを展開し、FBOの皆さん一人一人のおかげで35年間活動できた。多くの皆さんが製品を愛用し、元気に楽しくビジネスを一緒にやることができる環境に心から感謝している」と述べた。
 イベント後半では、「フォーエバー ダブル ジェル マスク」を35周年限定販売製品として同日から発売することを発表。
 「フォーエバー ダブル ジェル マスク」は、コラーゲンとヒアルロン酸を配合した保湿マスク。マスクはジェル状の素材を採用し、「フォーエバーゼリー(化粧水)」と併せて使用することで、アロエベラの美容効果が活き、お勧めツールとしての活用が期待できるという。当日の会場では、「フォーエバービューティーセット(フォーエバー ダブル ジェル マスク1箱5セット入り、フォーエバーゼリー1本)」を限定発売した。


■マネージャー昇格ルールを一部変更

 マネージャーの昇格ルールの一部変更についての発表も行った。従来までは2カ月連続して、個人またはグループの購入実績が120ケースクレジットを超えることがマネージャーの資格取得条件だった。今回新たに、4カ月で150ケースクレジットを達成することで、マネージャーに昇格できるルールを加えた。
 今回のルール変更は、グループを無理なく育成し、早期に安定したボーナスを受け取れることがねらい。2月度の実績から適用を開始する。
 イベント最後には、グレッグ・マーン代表取締役兼フォーエバーインターナショナル社長が登壇。
 マーン代表取締役は、「皆さんの努力のおかげで35周年を迎えることができた」と感謝を伝えた。そして、「FBOの成功には明確なビジョンが必要」と述べ、日本の売り上げを2倍にする「2X(ルビ ツーエックス)」を目標に掲げた。
 イベントはこのほか、新規PCMタイトル者、全国イーグル賞、20年間シニア・プレジデンツ・クラブ・メンバーを継続したFBOに対して、PCM特別表彰を行った。
 また、フォーエバー35周年「アニバーサリーDAY」を6月29日に大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパンを貸し切って行うことを報告。
 さらに、慈善活動として「フォーエバーギビング」の活動を世界中のフォーエバーファミリーと推進していることを紹介。「Rise Against Hunger」という団体と協力し、恵まれない子供たちに18〜19年の2年間で500万食のミールパッキングをめざすことを伝えた。
 アリーナ2階では、「フォーエバーミュージアム」を開催。これまでの35年間の歴史や製品の紹介ブース、「フォーエバーAR(アプリ)」と連動したコーナーなどが体験できた。

イベント冒頭、スピーチするジーン H 山形会長兼CEO

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ