ELJ/外壁塗装に参入/新会社「ELJホーム」設立

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

堀家正弘社長

 太陽光発電・オール電化を販売するELJソーラーコーポレーション(本社愛知県、田中守社長)はこのほど、新規事業として外壁塗装に参入した。外壁塗装を専門に販売する100%子会社としてELJホーム(本社愛知県、堀家正弘社長)を設立。米国の高級塗料「イノセンス」を採用し、米国で実績のある高い製品力と太陽光発電・オール電化の販売で培った営業力を生かす。初年度となる18年12月期で売上高26億5000万円を計画する。
 太陽光発電・オール電化の既存顧客から、外壁塗装に関する相談を受ける機会が多くなってきたことから、16年12月1日付でELJソーラーコーポレーション内に外壁塗装を提供するための専門部署「ホーム事業部」を設置した。試験的に営業マン11人で愛知県内で営業を展開した結果、17年12月期に500件を受注し、売上高も9億円に達したことから新会社で営業を始めた。
 米国の最高級塗り壁塗材「STUC―O―FLEX」をベースに、日本市場向けに企画・開発した次世代多機能塗料「INNOCENCE(イノセンス)」を販売する。初施工から約30年に渡ってその機能を保持し続けるということで耐久性に加え、日本国内で独占販売権を持つことで差別化を図る。
 営業手法は、ドアツードア訪販。「サプライヤー」と呼ぶアポイント部隊がドアツードアで訪問し、アポを獲得する。アポに基づき、世帯主が在宅の際に「クローザー」が改めて訪問して説明し契約するという流れだ。
 17年12月から、愛知県と福岡県で営業を始めた。2月に鹿児島、3月に岡山、茨城に営業所を開設し、5拠点で営業を展開していく。太陽光発電・オール電化を契約した既存顧客へのアプローチも随時行う。
 19年4月入社の新卒採用も始める予定で、グループ全体で60人の採用を予定している。
 現在放送しているテレビCMに加え、ウェブ広告や講習会(セミナー)の開催も検討している。セミナーは、開催を告知するチラシをポスティング。会場への集客を想定しており、ドアツードアでは獲得できない顧客に接点を広げたい考えだ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ