TMJ/オンライン英会話サービスを販売/企業向け研修ニーズ増加で

オンライン英会話サービスの様子

 セコムグループのコールセンター子会社、TMJ(本社東京都、丸山 英毅社長、(電)03―6758―2000)は12月5日、自社の社員向けに活用してきたオンライン英会話サービスの外販を開始した。増加する企業向けニーズに応えた形だ。
 自社教育プログラムを外部に提供することを決め、企業内で利用が進むオンライン英会話の提供に向けてトライアルを開始。手始めにセコムグループ内の複数企業に提供後、将来的には既存クライアント企業へ提供していく計画。
 同社では、社員への能力開発・教育機会の充実に向け、さまざまな自社教育コンテンツを提供している。その一環としてフィリピン・マニラと繋ぐオンライン英会話を15年8月に導入。直近2年間で延べ約300名が受講している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ