ジンズ/コンタクトレンズに参入/独自商品を安価にネットで

ネット通販のみで販売。無料サンプルも提供

 眼鏡の製造販売を行うジンズは11月29日、コンタクトレンズ市場に参入すると発表した。オリジナルのコンタクトレンズを安価にネットで販売する。無料サンプルを提供し、新規利用者を獲得する。商品は翌日発送し、返品・交換にも対応。ネット通販の利便性を用い、新規事業の成長を狙う。
 1日使い捨てタイプのコンタクトレンズ「JINS 1DAY(ジンズ ワンデー)」を18年初頭に発売する。価格は1箱(30枚入り)2000円。無料サンプル(5枚入り)を提供し、試してから買える仕組みを作る。購入から1カ月間は無料で返品・交換に応じる。購入者は前回データを基に注文できるようにする。
 安全に使用できる機能も備える。購入時に医療機関の受診状況などを確認。受信を申告したユーザーだけに販売する。購入から一定期間がたつとメールやスマホアプリのプッシュ通知で検診を促す。全国にある眼科医を閲覧できるページも設ける。
 事前調査では、1日使い捨てコンタクトレンズ購入者の51%がジンズの眼鏡を購入したことがあり、そのうち80%はジンズがコンタクトレンズを販売したら購入意向があると分かった。今後、異なるタイプのコンタクトレンズを販売する可能性もある。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ