〈「マクアケ」で開くEC市場〉/販路拡大・ファン作りに真価発揮

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 オンラインでの販路開拓やファン作りのチャネルとして、クラウドファンディング(CF)を利用する企業が増えている。コロナ禍を受け、デジタル化やEC参入の糸口として、イベント事業者や飲食店がCFを活用するケースも多い。CFのプラットフォームとして存在感を高めているのが、マクアケが運営する「Makuake(マクアケ)」だ。13年のサービス開始後、掲載プロジェクトは累計で1万件を突破。「応援購入」という新たな価値観を広めるべく、事業を加速している。「マクアケ」を活用し事業展開に成功した事例を、三つの切り口からまとめた。

■新商品の発表の場

 事業者が「マクアケ」を活用するケースとして最もオーソドックスなものが、「新商品の発表の場」だ。単純な資金調達や商品の販促だけでなく、近年はテストマーケティングの場として有用性を発揮している。
 「『マクアケ』には、新しい物や、ストーリーのあるものに共感してくれるようなユーザーが集まってきている。開発した商品の需要を探る場として、活用されることも増えてきている」(執行役員 戦略広報本部長・矢内加奈子氏)と話す。
 コロナ禍の影響で生活スタイルや消費動向が変化し、新たな需要が生まれる中、その傾向はより増しているという。
 直接接触を避けるための回避グッズといった感染対策用品、「Zoom映え」を意識したTシャツや、家庭内で集中できる環境を構築する「Think Lab HOME」など、「新しい生活様式」を反映させた新商品が幅広い支持を得ている。
 感染リスクを回避しながら楽しめるレジャーとして、需要が伸びているキャンプグッズも、プロジェクトの掲載やユーザーからの関心が増しているという。


■飲食店のEC参入

 コロナ禍の影響を大きく受けた業態に、飲食業界がある。「マクアケ」を活用し、新たなサービスをオンライン上で展開する飲食事業者も増えてきている。

続きは「日本ネット経済新聞」の新ウェブメディアで!
下記URLから閲覧できます。

家用作業ブース

直接接触を回避する用具など「新しい生活様式」に対応するアイデア商品が並ぶ

飲食店はオンラインならではのサービスを展開

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ