ヤッホーブルーイング/大規模イベント初開催/軽井沢に600人が参集

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

あいさつする井手社長(中央)

クラフトビールのECサイト「よなよなの里」を運営するヤッホーブルーイング(本社長野県、井手直行社長)は5月23日・24日の2日間、群馬・北軽井沢のキャンプ場でリアルイベント「超宴(ちょううたげ)」を開催した。当日の天候は快晴に恵まれ、全国から駆けつけた「よなよなエール」ファン600人がビールを楽しんだ。
 同社では、「店頭販売」「飲食事業」「リアルイベント」「ネット通販」の4つを総合的にみて販売戦略を立てている。「商品の購買は、どのチャネルでも構わない。多くの販売チャネルのサイクルをうまく回して顧客を囲い込みたい」(井手社長)としており、今回の「超宴」も同社の事業戦略の一つ。顧客満足度の向上につなげたい考えだ。
 イベント冒頭、井手社長があいさつし、乾杯の発声を行った。「東京の実店舗で定期開催しているイベント『宴』は満席が続いていて、参加できなかったファンの皆さんからお叱りの声を多くいただいていた。今回は、参加したい人が全員参加できる規模で開催した。ルールを守って楽しく飲みましょう」(井手社長)と参加者に呼びかけた。

(続きは日本ネット経済新聞 5月28日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ