アリババ/日本製品に存在感/中国市場参入を呼び掛け

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

登壇したダニエル・チャンCEO

 アリババ(本社東京都、香山誠CEO)は7月4日、都内で事業カンファレンスを開催した。日本企業による中国市場へのさらなる参入を呼び掛けるべく、アリババグループのダニエル・チャンCEOは、日本製品が持つブランド力の存在感について解説した。
 基調講演に登壇したチャンCEOは、中国市場における日本ブランドの存在感を指摘した。6月のセールイベント「618商戦」で1億元以上を売り上げた全41ブランド中、六つが日本ブランドであったことなどの例を示した。
 カンファレンス後半では、すでにアリババと協業している日本のメーカー各社も登壇し、アリババと進めている取り組みをについて説明した。カンファレンスには国内消費財メーカーを中心に約170社・300人が参加した。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ