LINE Pay/ユーザー情報も提供/EC決済の利便性向上

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

サービスの利用イメージ

 LINE Pay(本社東京都、高永受CEO)は7月9日、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」において、EC決済時にユーザー情報も合わせて取得できるサービスの提供を開始した。「LINE Pay」の利便性が向上し、導入サイトの転換率向上が期待できる。EC事業者の加盟店獲得につなげたい考えだ。
 新サービス「LINE Checkout(ライン チェックアウト)」では、ユーザーがLINEに登録したプロフィール情報を利用してECサイトで商品を購入できるため、LINE Pay注文手続きを簡素化できる。一度登録した配送先や支払いカード情報を、次回以降の注文に活用することも可能。
 「LINE Pay」を導入しているECサイトは、決済だけでなくユーザー情報の取得まで一括して行うことができるため、ユーザーの離脱率削減が期待できる。「楽天Pay」「Amazon Pay」では提供している機能を「LINE Pay」も実装した。
 18年6月に開催した「LINE CONFERENCE 2018」において「LINE Pay for ID決済」という名称で発表した新サービスを今回、「LINE Checkout」として正式に提供することになった。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ