LINE Pay/メルペイと業務提携/開拓した加盟店を相互開放

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

LINE Payの長福久弘COO(写真左)とメルペイの青柳直樹代表

 LINEグループのLINE Pay(ラインペイ、本社東京都、高永受CEO)は3月27日、メルカリグループのメルペイ(本社東京都、青柳直樹代表)とキャッシュレス決済の普及に向けて業務提携を締結すると発表した。両社が開拓した加盟店を相互開放し、決済サービスの利用可能店舗の拡大を図る。今後、提携パートナーをさらに増やす方針だ。
 両社は加盟店アライアンス「MOBILE PAYMENT ALLIANCE(モバイルペイメントアライアンス、仮称)」を設立した。「LINE Pay」または「メルペイ」を導入した事業者は、もう一方の決済サービスも利用できるようになる。今後、新たに参加した決済サービスにも加盟店を相互開放する。
 ソフトバンクグループの「PayPay(ペイペイ)」が資本力を武器に大型キャンペーンを実施したり、楽天グループの「楽天ペイ」が大手小売りチェーンと提携を進めたりしている。
 LINE Payとメルペイは先行する大手に対抗するため、アライアンスの取り組みを決めたようだ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ