ゾゾ/PBのインナー発売/フィット感でユニクロに対抗

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ライブ配信でユニクロのヒートテックと比較

 ファッションEC モールを展開するゾゾは12月7日、プライベートブランド(PB)の吸湿発熱インナーを発売した。採寸用ボディースーツ「ゾゾスーツ」による計測データなどを生かし、ジャストフィットのサイズを購入できる。ユニクロの「ヒートテック」にフィット感や価格で対抗する姿勢を見せた。
 PBインナー「ZOZOHEAT(ゾゾヒート)」は、吸湿発熱効果を持つ素材と購入者の体型に合ったサイズ展開が特徴。「ゾゾスーツ」の採寸データやユーザーの入力データを基に、1000型以上からジャストフィットのサイズを選別する。
 アイテムはメリノウール混で暖かさを重視の「ゾゾヒート(税別990円)」と、天然コットン配合で肌への優しさを考慮した「ZOZOHEAT COTTON(ゾゾヒート・コットン、税別1290円)」の2種類を展開。
 メンズではクルーネックとVネック、ウィメンズではUネックとバレエネックを用意した。「ゾゾヒート」は12月13日まで通常価格の200円引きの790円で販売する。
 発売日にはゾゾの倉庫からコミュニケーションデザイン室の田端信太郎室長がライブ配信を行い、商品の特徴や多くの在庫を用意している点をアピールした。さらにユニクロの「ヒートテック」と比較して、「ゾゾヒート」の方がサイズパターンが豊富だったり、安価に購入できたりする点を強調した。

「ゾゾヒート」を発売

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ