佐賀県/楽天に特設ページ/県内EC事業者の商品紹介

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

昨年「楽天市場」に開設した、支援事業参加店舗の商品を集めた特設ページ

佐賀県は11月中にも、「楽天市場」内に特設ページを開設する。県内EC事業者の商品を紹介するもので、県が実施しているEC支援事業の一環。来年1月以降には、楽天の海外販売モールにも特設ページを開設する予定。
 「楽天市場」の特設ページには、県の支援事業で助成を受けている20店舗の取扱商品を紹介、各店舗へ誘導する。
 今年10月から、海外向けEC支援事業を開始した。10月、12月、来年2月に勉強会を開催。全てに参加した店舗への支援として「楽天グローバルマーケット」の特設ページに商品を掲載する。
 10月24日に開催した1回目の勉強会には28社から33人が参加。参加各社は、次回以降の参加も希望しているという。


トライステージ・現地メディアと合弁・タイ市場への進出支援で
 テレビショッピングを中心としたダイレクトマーケティング支援事業を手掛けるトライステージは11月中にも、現地メディアとタイに合弁会社を設立する。新会社は12月から、タイ市場でテレビ通販支援事業を行うほか、テストマーケティングを兼ねて自社通販を展開する。タイでは13年12月、インフォマーシャルによるテレビ通販支援を開始している。さらなる業容拡大を目指し合弁会社の設立を決めた。
 設立する合弁会社の名称は「ローズ・ステージ」。現地の大手メディアであるローズ・エンターテインメント・コーポレーション(ローズ社)と設立準備を進めている。
 資本金は300万タイバーツ(日本円で約1000万円)。出資比率はローズ社のCEOであるオラファン・モンプチット・パバラバハナ氏が50%、トライステージが40%、日本とアジア間の支援事業を行うバーテックスが10%の予定。

(続きは本紙11月6日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ