【カタログから分析 通販会社調査隊】132 ヤマサキ「ラサーナビューティー」「ラサーナ通信」/情報充実の会報誌に一本化、顧客満足向上へ

 ヘアケアやスキンケアブランド「ラサーナ」を展開するヤマサキ(本社広島県、山崎宏忠社長)は現在、通販顧客向けに「La Sana Beauty(ラサーナビューティ)」と「ラサーナ通信」の2種類の会報誌を発行している。
 「ラサーナビューティ」は3カ月ごとに発行、読み物コンテンツを充実させページ数も多い。「ラサーナ通信」は「ラサーナビューティ」を発行しない月に送付しており、商品紹介を中心とした簡易冊子としている。
 来年4月号から、会報誌を「ラサーナビューティ」の一冊に統一する。「ラサーナビューティ」は商品以外の情報量も多く、封筒の中にサンプルも同梱できるため、顧客の反響が高まる傾向にある。
 ヤマサキは自社工場で研究開発と製造を手掛けており、1回の使用でも実感できる品質を目指している。会報誌に同梱したサンプルから購入につながる顧客も多いという。
 今期(17年2月期)は新商品や限定商品を積極的に販売したため、サンプルは特に効果的だった。来期も継続して積極的に商品を展開していく予定で、新商品や季節に合ったサンプルを同梱して販促したいと考えている。

(続きは、「日本流通産業新聞」12月15日・22日合併号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

カタログから分析 通販会社調査隊 連載記事
List

Page Topへ