【カタログから分析 通販会社調査隊】109 「カウネット家具カタログ」/家具でもPB商品強化に着手

 オフィス用品通販のカウネット(本社東京都、高橋健一郎社長)は、通販カタログ「カウネット家具カタログ」を年2回発行している。小規模事業者の発注担当者を主なターゲットに設定している。
 今年2月に発行した最新号は324ページ建て。オフィス向けのデスク、椅子、ホワイトボードなど約3700品目を掲載している。
 最新号では椅子の提案を強化し、オリジナル商品「エアグレース」を表紙に掲載した。顧客が実際に家具を設置した際のイメージをつかみやすいように「シーン展示の写真を年々増やしている」(広報担当)。
 カタログは、基幹カタログ「カウネット」とセットで送付している。「カウネット」の最新号は、1288ページ建て。文具、OA用品、日用品、飲料・食品など約3万9300品目を掲載している。カタログ2冊の掲載品数とウェブサイトだけで販売する商品数を合計すると、約8万9100品目となる。

(続きは、「日本流通産業新聞」6月2日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

カタログから分析 通販会社調査隊 連載記事
List

Page Topへ