【カタログから分析通販会社調査隊】99.東邦銀行「わがまちの逸品カタログ」/地方創生のため県産品のカタログ発行

カタログと連動したECサイトを通してネット注文も出来る

 福島県の地方銀行である東邦銀行は2月1日、県内市町村の特産品を掲載した通販カタログ「わがまちの逸品カタログ」の配布を開始した。11年にも復興支援を目的に同名のカタログを発行していた。
 今回は人口減少の克服を目指す「地方創生」の取り組みの一環として同カタログを発行したという。
 同カタログでは、福島県内の各地域の食品や伝統工芸品などの特産品を販売。県内にある59の自治体の観光名所や伝統行事も紹介している。販売期間は17年3月31日までとしている。
 ふるさと納税で人気を集めた湯川村のコシヒカリ5キログラム(税込4100円)や、原発事故で全町避難が続く浪江町の大堀相馬焼の湯飲みセット(税込6000円)など、1自治体1商品に絞って掲載している。原発事故の影響で商品を用意できなかった5町村を除き、54品目をラインアップした。

(続きは「日本流通産業新聞」3月17日号で)

わがまちの逸品カタログ

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

カタログから分析 通販会社調査隊 連載記事
List

Page Topへ