【カタログから分析 通販会社調査隊】145 旭産業「ジャンブレ」/複数ツールで迅速な顧客対応

 法人向けに作業用ユニフォームや事務用品を通販展開する旭産業(本社東京都、天野信一社長)が年に2回発行する通販カタログ「ジャンブレ」は、オフィス向けから作業現場向けまで幅広いタイプのユニフォームや消耗品などを取り扱う。中小事業者が主なターゲットだ。
 創刊は83年。A4サイズのオールカラー。今年2月に発行した春夏号は402ページ建てで、約2500商品を掲載している。7万部を発行した。
 15年から電話によるアナログな顧客対応を強化している。15年秋冬号と16年春夏号には、カタログの表紙に黒電話を掲載。アナログのサービスを前面に押し出すことで新たな顧客の獲得を狙った。
 最新号では、表紙にストップウォッチを掲載した。チャット、電話、FAX、メール、SNSで迅速に対応し、顧客の悩みをスピーディーに解決する点をアピールする。
(続きは、「日本流通産業新聞」4月6日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

カタログから分析 通販会社調査隊 連載記事
List

Page Topへ