エックスワン/新商品がヒットの兆し/発表会に予想上回る来場者

 エックスワン(本社東京都、齊藤勝久社長)が5月15日に発売した化粧品の新製品が、ヒット商品に成長する兆しをみせている。4月から会員向けに新商品発表会を全国8会場で開催しており、当初は延べ1500人の集客を見込んでいたが、全会場で予想を上回る来場者を記録した。最終的に2000人弱となりそうだ。近年まれに見る集客状況だという。
 エックスワンは5~6月にかけて、主に中国人観光客によるインバウンド需要で好評を得ていた化粧品「エックスリュークス」シリーズに、メーキャップ化粧品「プロケアビヨンド」を順次追加する。これまでは基礎化粧品だけだったため、シリーズの愛用者からメークを加えてほしいとの要望が寄せられていた。
 発売に先駆けて4月から東京、大阪、福岡、新潟の4都市8会場で、会員向け発表会と試用できるイベントを展開。4月22日に東京で開催したイベントには、400人が参加した。会場の収容数は300人だったため、急きょ仮設席を設置して対応した。当初の予想よりも来場者が殺到したため、一部都市では開催会場を変更している。
(続きは、「日本流通産業新聞」5月18日号で)

4月22日に東京で開催したイベントの様子

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ