【特集 進化するコールセンターの通販支援】

 コールセンター企業では、人工知能(AI)を活用した業務効率化が進んでいる。問い合わせへの自動応答、顧客とオペレーターの会話の解析の活用など、各社は独自サービスの開発に役立てている。一方で、応対品質のさらなる向上を求めるクライアントも増えている。通販やEC企業から業務を受託しているコールセンター企業の最新の動きをまとめた。

■掲載企業
・富士通コミュニケーションサービス
・ビーウィズ
・りらいあコミュニケーションズ
・ディーキュービック
・ウィズ・プランナーズ
・保険見直し本舗
・CENTRIC
・KDDIエボルバ


(続きは、「日本流通産業新聞」4月27日・5月4日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ