【NB健康食品 特集】会員への付加価値で差別化図る/会員のスキルアップに成果、拠点づくりに挑む

 健康食品を主力にするネットワークビジネス(NB)企業の会員の7~8割はビジネスに関心を示さない製品愛用者で占めているのが一般的だ。安定的な売り上げは確保できるが、組織拡大につながりにくい状況でもある。各社はビジネス会員の育成に注力するようになっていて、ウィル・サーチでは、奥村社長によるトレーニングが奏功し、売り上げが1.7倍に増加した。スリーピースでは、会員サポートを充実させて、他社との差別化を図っている。今回の特集では、健康食品を主力とするNB企業6社の動向を紹介する。

■掲載企業
・トータルスイス
・ウィル・サーチ
・ライラック
・スリーピース
・ミラクル
・アージュ・セルビス

(続きは、「日本流通産業新聞」3月30日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ