【通販会社の商品卸 特集】自社通販の情報提供/販売実績や媒体制作も

 通販会社による商品卸事業が着実な成長を遂げている。ベルーナは食品を供給しているほか、子会社のリフレ(本社埼玉県、勝田徹社長)が健康食品を、同じく子会社のフレンドリー(本社埼玉県、島野武夫社長)はアパレルを同業他社に卸している。趣味用品の通販の手掛けているインペリアル・エンタープライズ(I・E・I、本社東京都、原良郎社長)は、オリジナルの美術品や宝飾品を供給。健康食品の通販を手掛ける金氏高麗人参は昨年、高麗人参素材の卸を本格的に始めた。通販会社による卸事業の特徴は、自社通販のノウハウや情報を商品とともに提供する点だ。商品だけでなく媒体制作ほか卸先のリストを分析し、結果に適した商品を供給するのが強みとなっている。

■掲載企業
・金氏高麗人参
・インペリアル・エンタープライズ


(続きは、「日本流通産業新聞」3月30日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ