【訪販支援 特集】トゥモロー総研/集客、顧客管理にアプリを提案/訪販・NBのサロン運営を支援

 トゥモロー総研(本社東京都、矢部良社長、(電)03―6380―4164)は、ネットワークビジネス(NB)企業やエステサロン向けにアプリケーション型の集客ツールを提案している。
 サービス名は「COMTOMORROW(コム・トゥモロー)」。アプリを通じて、店舗への集客やメール配信、顧客管理などができる。顧客満足の向上やリピート率向上に役立てるのが狙いだ。
 サロンなどの店舗を持つ訪販・NB企業は、タブレット端末を店頭に置くだけで利用できる。端末の貸し出しも行う。専用管理画面で顧客人数を把握したり、顧客のスタンプ履歴といった情報の管理が可能。ユーザーへのプッシュ通知やメール配信、SNSの書き込みなどにも使用できる。
 ユーザー側は、アプリをダウンロードするだけで会員登録が可能。イベントやクーポンなどをスマホにプッシュ通知でリアルタイム表示するため、既読率が向上するとしている。スタンプカードの代わりにポイントもスマホで貯められたり、SNSとの連動で集客につなげることができる。
 アプリには無料でカード決済機能が搭載されている。
 初期費用は税別3万円、月額システム使用料が同1万5000円。サーバー費や運営管理費は無料。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ