【訪販支援 特集】訪販に応用可能な支援サービス・ツールを紹介

 スマホや「クラウド」によって情報を共有する支援ツールが増えている。訪問販売だけに対象を特化したツールはまだ少ないが、不動産や保険などの業界を対象にしたものまで含めれば、業界に向けたツールは徐々に増え始めている。本特集では、「営業マン支援ツール」や「地図アプリ」「決済代行サービス」などを中心に、訪販に応用可能な支援サービス・ツールを紹介する。

(続きは、「日本流通産業新聞」1月12日号で)


■掲載企業
・ケントピア
・コンベックス
・トゥモロー総研
・Speee
・ビズオーシャン
・ライフティ
・セブンティーン

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ