日本エコでんき/蓄電池の販売が好調/大手メーカーから表彰

東芝、三菱電機、シャープから表彰された

 首都圏で太陽光発電・オール電化を販売する日本エコでんき(本社埼玉県、立川仁社長)の蓄電池販売が好調だ。17年8月期は、蓄電池と太陽光をセット販売することで1セットあたりの単価が約100万円上昇。蓄電池とのセット販売は、全体の契約数の7割を超えている。
 17年2月には、東芝の太陽光販売コンテストで全国2位、ハイブリッド蓄電池は拡販賞とダブル受賞した。5月度は三菱電機セールスコンテストでシルバー賞を獲得している。
 6月にも、シャープのブラックソーラー・蓄電池セット販売伸長率が「東日本エリア第1位」を受賞したという。
 表彰は販売実績に加え、コンプライアンス面で高い評価を得て、優秀企業として表彰されるなど健全な販売に力を注いでいることも評価された。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ