楽天と電通/10月から営業開始/データマーケ会社を設立

記者会見で新会社の概要を説明する楽天の有馬誠副社長執行役員兼CRO

 楽天と電通は7月26日、データマーケティングを提供する新会社を設立すると発表した。新会社は楽天グループが持つ顧客基盤をベースに、電通グループのマスメディアに関する知見を生かしてマーケティングソリューションを提供する。8月中旬にも設立する予定で、今年10月から営業を開始する。企業のプロモーション支援によってクライアントを獲得するとともに、新たなマーケティング手法の領域を開拓する。
 新会社の名称は「楽天データマーケティング株式会社」。資本金は1億円で、出資比率は楽天が51%、電通が49%。代表権のある社長には、楽天の有馬誠副社長執行役員兼CROが就任する。
 楽天データマーケティングは、楽天グループの顧客基盤やビッグデータと、電通グループのマスメディア・生活者データを融合。総合的なデジタルマーケティングソリューションを提供して、企業のマーケティング活動の最適化や最大化を図っていく。
 ECモール「楽天市場」における企業向けのブランドタイアップ企画の提供を一層強化。楽天グループのビッグデータを活用した顧客分析に基づき、よりパーソナライズ化された広告商品の開発によって、企業のプロモーションを支援する。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ