アイシップ/イベントで新社長就任報告/国内外展開加速、改めて示す

あいさつする飯田峰晴新社長

 健康食品や化粧品を商材にネットワークビジネス(NB)を展開するアイシップ(本社東京都)は7月22日、イベント「4THラリー RE:BIRTH(フォース・ラリー・リバース、再誕)を都内のビジョンセンター田町で開催した。同イベントでは冒頭、木村彰彦会長兼社長が5月22日に逝去したことを改めて会員に報告。故・木村会長の妻である木村嘉子氏が同社の新会長に、飯田峰晴取締役が新社長に就任したことを発表した。故・木村会長の思いを受け継いだ飯田新社長は、国内外に向けた展開を加速させていく方針を示した。
 同会には、メーカーである東洋発酵の木村浩社長もビデオメッセージを寄せ、「故・木村会長が生前口にしていたのが『永遠の進化』という言葉。アイシップは、愛と感動で愛用者の輪を広げ、東洋発酵は、発酵を軸とした技術力を進歩させる。そうすれば無限に『永遠の進化』を遂げていくことができる。愛用者の輪の拡大によって、故・木村会長の見ようとしていた未来を、一緒に見に行こう」などと呼び掛けた。
 その後、同社は三つの発表を行った。「ボーナス」については、通常のボーナスプログラムに追加して、二人の紹介で9000円のボーナスが得られる「ハッピーボーナス」キャンペーンを7月から実施中であることを紹介。活用を呼び掛けた。
 「ツール」については、商品体験やプラン・商品説明を行う地域イベント「ウェルカムクルーズ」を、8月から全国的に本格展開していくことを発表。「製品」の側面では、同社の栄養機能食品「リンダバイタルパウダー」がこのほど、日本HGH協会の認定品となったことを報告した。
 さらに、「ブラヴァ」ブランドのシャンプー、コンディショナーが医薬部外品としてリニューアルされたことや、基礎化粧品「ANSWER(アンサー)プレミアムゲルパック」が、新たに東洋発酵の最新原料「UNIFINE(ユニファイン)」が配合されるかたちでリニューアルされたことなども報告した。
 (一社)全国直販流通協会(直販協)からは、同社に賞状が授与された。賞状は、6月度に直販協に寄せられた同社の相談件数がゼロだったことを讃えるものだ。
 統合医療に取り組むクリニックの院長も登壇、予防医療の重要性などを説いた。
 東洋発酵の製品開発責任者である大原和広氏は講演で、アイシップ商品に配合している独自成分「ユニファイン」などについて紹介、「東洋発酵では今後も、お客さまに『欲しい』と思っていただける商品を供給し続けていく」などと話した。
 会の終盤には、木村新会長が登壇、「故・木村会長にとってアイシップは『使命』だった。アイシップの輪を全世界に広げていくという、故・木村会長の想像した未来を、皆さんに実現していただきたい」などと話した。
 その後、トップリーダーが次々に壇上に上がり、それぞれのコミットメント(約束)を発表。トップリーダーの大園史朗グランドキャプテンは「アイシップは、世界一のやり方、考え方、商品を持った会社。この会社を名実ともに世界一にするため、一緒にやってほしい」と呼び掛けた。
 会の最後に飯田新社長が登壇し、故・木村会長の遺志を継ぎ、国内外に愛用者の輪の拡大を加速する方針を示した。そのため、「2年で国内でのアイシップの知名度の土台をつくる。具体的には、47都道府県にオフィサー以上を作る」と宣言。11月に予定されているアワードイベントを機に、報酬プランを分かりやすいものに変更する方針も示した。最後に「皆さんの夢がかなうということは、アイシップが広がっていくということ。アイシップの成功を楽しんでほしい。新たな一歩を実り多いものにするため、皆さんの力を貸してほしい」などと力強く呼び掛けた。
 同社では、同趣旨のイベントを、7月15日には福岡で、7月23日には愛知で、それぞれ開催。3会場の合計来場者数は400人だった。

新会長に就任した木村嘉子氏

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ