JADMA/準会員制度を発足へ/年商2億円以下が対象

 公益社団法人日本通信販売協会(JADMA、事務局東京都、阿部嘉文会長)は6月23日、定時総会を開催し、平成29年度の予算ならびに事業計画を承認した。総会後にあいさつした阿部会長は今年度の事業計画として、準会員的制度の発足に言及。年商2億円以下の地方企業を対象に、通販事業の基礎を学びながら情報収集が行えるようにする考えを表明した。減少傾向にある会員数の増加につなげたい考えだ。
 通販参入予定企業や通販に参入して間もない企業を対象に「ジャドマ倶楽部」(仮称)を新設。通販事業に関するノウハウや法規制などについて支援していく計画だ。
 阿部会長は「地方の通販事業者の発展にも寄与すべく、会員数も増やしていければと思っている」と語った。またJADMAとしても公益法人自主規制団体として、会員企業の増加にこれまで以上に取り組んでいく考えを明らかにした。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ