ロイヤル化粧品/ハワイ30周年大会を開催/ロイヤル史上初の新商品の発表も

スピーチする桃園忠会長

 ロイヤル化粧品(本社東京都、桃園忠会長)は6月、創業30周年を記念して「ハワイ30周年大会」を開催した。10周年で初めて大会を開催した思い出の地「ハワイ」で行った。この大会で開催した月例会議では、昇格発表や年間表彰とともに新商品が発表された。
 月例会議ではロイヤル化粧品の歴史映像とともに桃園会長がスピーチ。「年頭に掲げた『ありがとう…30年』というグランドテーマは、ロイヤルを愛し、伝え、支えてきてくれた全ての皆さまへの心からの感謝の気持ちだ」と謝意を表した。
 さらに「ロイヤルは人を喜ばせるため、感動を与えるためのもので、決してセールスではない。ロイヤルは真心だ。その真心、即ち『利他の心』は何年経っても変わることはない。これから40年、50年、そして100年と続いていく企業として、ロイヤルはこれからも羽ばたき続ける」と語った。
 年間表彰の後は、永きにわたる大きな貢献を称えて特別功労賞を贈呈。期間中に優秀な成績を収めた12人にスペシャルファミリーカー「ロイヤル サルーン」がプレゼントされた。
 さらにロイヤル史上初となる、全スキンケア商品を一新して水素水を採用するというニュースに会場は歓声に包まれた。
 6月1日〜4日を「ロイヤルデー」とハワイ州から認定され、ハワイ州知事をはじめ、ホノルル市、ハワイ州観光局から感謝状や宣誓書が贈られた。
 大会を締めくくるさよならパーティーでは、タヒチアンダンスやウクレレのショー、そしてワイキキビーチに浮かび上がる花火で感動のフィナーレを迎えた。

「ハワイ30周年大会」で開催された月例会議では、昇格発表や年間表彰とともに新商品の発表も行われた

大会を締めくくるさよならパーティーのようす

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ