ファンケル/6000人強が来場/横浜で株主総会を開催

株主総会の会場では商品の展示や販売も実施した(横浜アリーナで)

 ファンケルは6月17日、横浜市内で株主総会を開催した。当日は株主と同伴者を含め、合計6112人が来場。取締役選任などの決議事項は原案通り承認可決した。会場では商品の展示即売も実施。総会終了後は池森賢二会長執行役員や島田和幸社長執行役員らが個人株主と歓談した。
 出席者の内訳は株主数が5574人、同伴者数が538人。昨年の株主総会は、総会出席者が5010人で、そのうち同伴者は391人だった。
 総会では8人の株主から13件の質問があったが、「池森会長から島田社長への思いを話してほしい」「島田新社長から抱負を聞かせてほしい」といった、エール的な質問が中心だったという。
 株主総会が穏便に終了したことについてファンケルは(1)業績(2)増配(3)株高ーーーを指摘。期末配当は前年を24円上回る1株58円だったほか、株価は4カ月間で約600円高い2100円前後で推移している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ