アフロゾーン/5年後グローバル売上1000億円に/5周年記念式典に5000人が参集

海外進出について言及する金奉俊会長

 アフロゾーンジャパン(本社東京都、金奉俊会長CEO)の親会社アフロゾーン(本社韓国、金奉俊会長)は6月9日、韓国・ソウル市で「アフロゾーン5周年記念式典」を開催した。韓国をはじめ、米国・中国・マレーシア・タイなどから会員約6500人が参集、日本からは約40人が参加した。
 金会長が登壇し、海外進出について言及した。「会員の皆さまのおかげで5周年を迎えることができた。5年後にはグローバル売上高1000億円、韓国のNB業界ナンバーワンを目指そう」と話した。金会長は、韓国での、新製品の発表とカーボーナスキャンペーン、旅行キャンペーンに関する発表があった。
 日本からは参加条件を満たした会員40人が2泊3日の日程で参加。8日には、金浦空港近くの自社工場見学を行ったほか、日本のメンバーを集めたジャパンミーティングを行った。

会員約6500人が参集した「アフロゾーン5周年記念式典」のようす

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ