テレビ東京ダイレクト/10月、カタログ発行/既存顧客に年間6回配布

 テレビ東京ダイレクト(本社東京都、山口眞名社長)は10月、通販カタログを発行する。テレビショッピングで獲得した既存顧客に対し年6回、1回当たり約30万部を配布する。既存顧客の年齢層はシニア世代が中心となるため、カタログへの需要が見込めると判断した。
 下期となる10月から、約50ページのカタログを発行する。体裁や取扱商品は不明だが、テレビショッピングで販売している美容健康商品や家庭雑貨が中心となりそう。
 山口社長は「時代に逆行しているとの意見もあるが、社員が自分たちで新しいことをやろうと始めるのだから期待している」と述べた。
 さらに今期はネット通販をテコ入れする。ECモールに新たなウェブサイトを立ち上げ、自社サイト「てれとマート」に誘導する計画だ。健康志向のオイルといった商品を中心に「ブーム創出型のウェブサイトを展開したい」(山口社長)としている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ