シナジーワールドワイド・ジャパン/ジャパンシンポジウムに600人参加/マガレイ社長から好調業績が報告

600人超が参加した「ジャパンシンポジウム」のようす

 シナジーワールドワイド・ジャパン(本社東京都、ベン・S・マガレイ社長)は5月27日、「ジャパンシンポジウム2017」をパシフィコ横浜・会議センターで開催し、600人超のチームメンバー(会員)が参加した。
 冒頭のあいさつに立ったマガレイ社長が、好調な業績を報告。「日本は2012年以降、飛躍的な成長を遂げている。多くのエグゼクティブが誕生するなど、チームメンバーの皆さんが成功していることがうれしい。今年も、新製品を詰め合わせた『マイクロビオームキット』の売れ行きが好調であることに加え、新スキンケア『トゥルールム』シリーズも好評を博している。売上高は、前期比12~15%増の達成をめざす」と語った。

(続きは「日本流通産業新聞」6月8日号で)

あいさつに立つマガレイ社長

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ