総合通販/化粧品会社を買収/千趣会、スクロールが取得

スクロールが資生堂から買収するキナリのECサイト

 総合通販事業者による化粧品メーカーの買収が相次いでいる。千趣会は5月26日、ニッスイグループで化粧品の製造・販売を手掛けるニッスイファルマ・コスメティックスを完全子会社化すると発表。スクロールは5月31日、資生堂の子会社で化粧品通販を手掛けるキナリの全株式を取得することを明らかにした。千趣会、スクロールともにグループが持つインフラやノウハウを化粧品会社に注入し、シェアの拡大を図るなどシナジー効果を見込む。頭打ちが続く総合通販の領域から徐々に脱却、成長余力が見込める化粧品通販を強化することで収益化を図る狙いとみられる。

 千趣会は5月26日、日水製薬の100%子会社であるニッスイファルマ・コスメティックスの株式取得について、日水製薬と基本合意を締結した。株式譲渡契約は6月23日付、株式譲渡実行日は6月30日付を予定している。株式取得価額は公表していない。
 千趣会と日水製薬は基本合意を機に、企業間連携や協業などの可能性ついて協議していく。ニッスイファルマ・コスメは、自然基礎化粧品ブランド「リスブラン」をメインに、店舗を中心としたチャネルで化粧品を販売している。

(続きは、「日本流通産業新聞」6月1日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ