エックスワン/特別プログラムを開始/働くことが困難な人を支援

 化粧品などのネットワークビジネス(NB)を展開するエックスワン(本社東京都、齊藤勝久社長)は5月1日、育児をしているシングルペアレントや、親族の介護で働くことが困難となった新規会員を対象に、ビジネスを支援する特別プログラムを開始した。商品を特別価格で購入できるなどの特典を受けられる。社会貢献活動の一環として展開する。
 名称は「チャレンジサポートプログラム」。米国などで「挑戦する」ことを支援するために知られている「チャレンジド」という言葉に共感し、プログラムを開始したという。
 対象となるのは(1)身体障害者手帳の取得者(2)シングルペアレント(3)そのほかの理由から働きたくてもフルタイムで働けない人ーーーで、5月1日以降に新規登録する会員。
 対象者には、ビジネスで利用できる化粧品を中心としたセット商品を特別価格で販売する。また、商品の購入で発生するポイントを通常会員の2倍付与したり、エックスワンが経営するエスティックサロンや美容教室などの施設を無料で利用することもできる。
 新規登録の際に、プログラムの申込書を提出する必要がある。一定基準の審査を行ったうえで決定する。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ