アイシップ/新規施策で組織活性化/愛用者の輪拡大へ

 アイシップは、2月以降に打ち出した施策が好評で、成長に拍車がかかっている。2月1日には、報酬プランの長所を生かしたキャンペーンを実施、新規入会者のボーナス取得条件を緩和した。同日からは、新規入会者や、定期購入を始めた人に、生酵素のサプリメントをプレゼントするキャンペーンも開始した。6月に予定している「4周年記念台湾インセンティブツアー」の優待条件を3月1日に発表したこともあり、組織が大きな盛り上がりをみせているという。愛用者の輪はますます広がりを見せている。
 2月の報酬プラン変更では、「紹介ボーナス」を「はじめてボーナス」に変更した。従来の「紹介ボーナス」では、新規入会者が、ビジネス会員を2人直紹介した際に2000円、3人目以降の直紹介を出すごとに1000円を支給していた。「はじめてボーナス」ではこの条件を緩和、1人目の直紹介から1000円を支給することにした。従来はビジネス会員に限定していた紹介対象を、「はじめてボーナス」では、愛用者会員にまで拡大している。
 自らの直紹介者が、2人の直紹介を出した際に得られる5000円の「育成ボーナス」についても「ありがとうボーナス」に名称を変更した。
 2月1日には、関連会社である、すこやか(本社愛知県)のサプリメント「生酵素Premium(プレミアム)」をプレゼントするキャンペーンも開始した。対象は、新規登録者と、定期購入を新たに開始した既存会員。キャンペーン期間は4月30日までを予定している。
 さらに3月にはインセンティブツアーの優待条件を発表、多くのビジネス会員にとってチャレンジしやすくした。
 こうした一つ一つの施策がことごとく会員のモチベーションを高める結果となっており、組織に勢いがついているという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ