森下仁丹/「第四新卒」の募集を開始

「第四新卒」採用の特設ページ

 求むオッサン、オバハンーーーこんな触れ込みで中高年の幹部候補生を「第四新卒」として採用する取り組みを製薬メーカーの森下仁丹が3月1日から開始した。
 「第四新卒」とは、森下仁丹が新たに提唱する採用形態だ。卒業・就職後2~3年内の転職者を指す「第二新卒」や、大学院卒者などの「第三新卒」にちなみ、「社会人としての経験を十分積んだ後も仕事に対する情熱を失わず、次のキャリアにチャレンジしようとする人材を、性別・年齢を問わず採用していくことを、『第四新卒採用』と名付けた」(駒村純一社長)としている。
 募集職種は「食品・医薬品の営業、開発、製造および新規事業開発に関するマネージメント業務」。応募資格は「性別・年齢を問わず、会社を変革させる情熱、経験、能力のある方」としている。
 駒村社長は「応募者には私自ら、会社の内情も、これからやろうと思っていることも、すべて本音で話す。報酬面でもしっかり応えていく。そのかわり、引退までの時間を老舗企業でのんびり過ごしたいという人はいらない。うちの会社にそんな余裕はない」と話している。「『自分が社長になってやる』というほどやる気のある人の応募を待っている」と言う。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ